2022/08/23

ホッフェンハイム、ジョン・コルドバとはサラリー面で合意ならず

©︎imago images

 すでにジョン・コルドバに対するTSGホッフェンハイムからの関心はお伝えしているが、kickerが得た情報によれば現在は移籍交渉が凍結している模様。両者との間では明らかにサラリー関係で大きな開きがあり、それ以外の部分ではクリアとなっていたものの合意点を見出せなかったようだ。

 現在は2025年までFKクラスノダールとの契約を残す同選手ではあるのだが、FIFAの免責によりウクライナ侵攻を受け、ロシアのクラブに在籍する外国人選手は無償で、ひとまずは2023年の夏までレンタル移籍することが可能。ホッフェンハイムとしてはその機会を利用したい考えだった。

 だが最終的に高給を手にすることができるロシアの地からは離れるには至らず、先日にはロシア1部第6節FKオレンブルク戦にて今季初得点を決めたコルドバは、このまま残留することになりそうだ。一方でホッフェンハイムとしてはフィジカルに長けたセンターフォワードを模索していくことになる。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース