2022/08/31

フロリアン・グリリッチュ、行き先はアヤックスか。フェイエノールトか

©︎IMAGO:Avanti

 ほんの数ヶ月前まではチャンピオンズリーグにも出場したTSGホッフェンハイムで活躍し、そして1年前にはACミランとの合意報道がなされていたことを考えると、27歳となったフロリアン・グリリッチュがフリーでありながら、いまだ新天地を模索している事実は些か不可解にもみえる。

 ACミラン側からの移籍金額が低すぎたために交渉が決裂してから、グリリッチュは代理人を大手ICMステラへと変更。しかしミヒャエル・レシュケ氏が欧州ディレクターを務める同社では、オーストリア代表MFを再びチャンピオンズリーグに出場できるクラブに移籍させることができなかったのだ。

 特に強い関心を抱いていたフィオレンティーナでは、同選手の父親の話に不快を覚えたことを明かしており、代理人のフォルカー・シュトルート氏も同様の見解を示し、すったもんだの末に最終的には再び、代理人をトーマス・ベーム氏に戻したところだ。そしてどうやら最終的にその移籍先もまたかつての指揮官の下、これまたチャンピオンズリーグの舞台にも戻ることになるかもしれない。

 この夏よりアルフレッド・シュロイダー監督が就任した、アヤックス・アムステルダムである。特にアントニーが総額1億ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに移籍しており、Voetbal Internationalによるとさらにフェイエノールトも獲得に乗り出している模様。実際フリーのグリリッチュには時間的制限はないが、ただCL(アヤックス)とEL(フェイエノールト)の選手登録期間は金曜深夜まで。

クノールミュラーが母国へ帰還

 その一方でヤコブ・クノールミュラーが、1年半在籍したTSGホッフェンハイムを後にし、再び母国へと帰還することになった。ホッフェンハイムのU19にてプレーしてきた同選手だが、これからはオーストリアの、TSVハルトベルクのトップチームへと加入。契約期間は2025年まで。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース