2022/09/02

フロリアン・グリリッチュ、アヤックスとの契約が発表

©︎imago images

 ほんの数ヶ月前まではチャンピオンズリーグにも出場したTSGホッフェンハイムで活躍し、そして1年前にはACミランとの合意報道がなされていたことを考えると、27歳となったフロリアン・グリリッチュがフリーでありながら、ここまで新天地を模索している事実は些か不可解にもみえるだろう。そして本日木曜日にアヤックス・アムステルダムとの単年契約が発表された。2年間の延長オプション付き。これからは同じく元ブレーメン、デイヴィー・クラーセンらと定位置争いを展開していく。

 ACミラン側からの移籍金額が低すぎたために交渉が決裂してから、グリリッチュは代理人を大手ICMステラへと変更。しかしミヒャエル・レシュケ氏が欧州ディレクターを務める同社では、オーストリア代表MFを再びチャンピオンズリーグに出場できるクラブに移籍させることができなかったのだ。特に強い関心を抱いていたフィオレンティーナでは、同選手の父親の話に不快を覚えたことを明かしており、代理人のフォルカー・シュトルート氏も同様の見解を示し、すったもんだの末に最終的には再び、代理人をトーマス・ベーム氏に戻すことに。

 その結果で最終的にその移籍先もまたかつての指揮官の下、これまたチャンピオンズリーグの舞台への復帰を果たすことができており、特にアントニーが総額1億ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに移籍したアヤックス・アムステルダムにて、再びアルフレッド・シュロイダー監督と再会を果たすこととなった。確かにフリーであったグリリッチュに本日の移籍期限の問題はなかったが、ただCLの選手登録期間は金曜深夜までとなっていた。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース