2022/11/17

ホッフェンハイム:ラターは大事に至らず、ビチャクチッチからは進展

©️IMAGO/Avanti

 先週土曜に行われたVfLヴォルフスブルクとのホーム戦にて、足首を負傷しながらも懸命にプレーを続けたが、試合後にはその痛みがぶり返しフランスU21代表参加を見送った、ジョルジニオ・ラター。だがその後に受けた精密検査の結果で、20才のアタッカーからは組織的な損傷は見受けられず、12月6日に再招集をかけるまで回復に務めていくことが明らかとなった。

 その一方でTSGホッフェンハイムではエルミン・ビチャクチッチが、ホッフェンハイムのセカンドチームにて実戦復帰。十字靱帯断裂の影響から2年間苦しみ続け、復帰を幾度となく先延ばしにしてきたベテランセンターバックは、今回は交代するまでの1時間にわたりプレー。小さな一歩を歩み続けてはいるものの、その先にブンデスリーガがあるかについては、まだ今後の回復具合をみていかなくてはならない。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース