2022/12/20

ホッフェンハイム、シュヴェグラー氏がバイエルンから加入へ

©️imago/Eibner

 バイエルン・ミュンヘンのチーフ・スカウトを務めていたピルミン・シュヴェグラー氏だが、来年よりTSGホッフェンハイムへと移籍することが明らかとなった。これからは新たな立場で競技面のマネジメントチームへと参加。

 基本的にホッフェンハイムの競技面におけるこれまでの体制は、アレクサンダー・ローゼンSDと頂点に、腹心であるイェンス・ラシエフスキー氏とバスティアン・フーバー氏がユース担当とスカウト担当を担う体制という、比較的スリムなものであり最近各クラブでみられはじめているような、若手選手とトップチームへの橋渡し役的存在が欠けていた。

 そこにホッフェンハイム含むブンデスリーガで長年活躍し、その現役時代にもコーチングとしての資質をみせていたシュヴェグラー氏を配置することを判断。競技部門における全権はローゼンSDにあることに変わりはないのだが、ただ長期的にはシュヴェグラー氏も経営的な立場にも立っていくことになるだろう。さらに先日に引退を発表したベンヤミン・ヒュブナーとも交渉中にある模様。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース