2023/01/26

ホッフェンハイム、元ブンデスリーガーのブルックス、デラニー獲得へ

©️IMAGO/GlobalImagens

 TSGホッフェンハイムは現在、ジョン・アンソニー・ブルックスの獲得に乗り出している。先日に行われたVfBシュトゥットガルト戦にてアンドレ・ブライテンライター監督は、「我々は常に目を向け、耳を傾けている」と語っていたが、ドイツの大衆紙ビルトが報じてkickerでも確認をとった情報によれば既に、ブルックス獲得は大筋で確定済みになっている模様。

 詳細を詰めてメディカルチェックをクリアした暁には、2024年までの契約を締結する見通しだ。29才の元アメリカ代表ディフェンダーはVfLヴォルフスブルクとの契約が満了した昨夏、ホッフェンハイムが獲得に乗り出していたもののベンフィカ・リスボン入りを決断。しかしながらここまでわずか2試合のみの出場にとどまっていた。

 一方でTSGホッフェンハイムではケヴィン・フォクトが大腿に問題を抱えており、シュトゥットガルト戦では出場停止で欠場したオザン・カバクも中足骨の問題に悩まされているところ。さらに主将を務めていたベンヤミン・ヒュブナーが現役引退を発表しており、クラブ首脳陣としてはCBにフィジカルさと安定感を高めたいと考えているところだった。

 そこで白羽の矢がたったのがベルリン生まれのドイツ系アメリカ人のブルックスであり、ヘルタでの6年間でプロへの階段を上ったレフティは、2017年に移籍金1400万ユーロでヴォルフスブルクに移籍していた。

4人目のデンマーク人選手、デラニーをレンタル

 さらにホッフェンハイムではDFのみならずMFの補強についても元ブンデスリーガーに視線を向けており、かつてブレーメンやドルトムントでプレーしたトーマス・デラニーをレンタルにて迎え入れる模様。

 2021年にドルトムントからスペインのセビージャに移籍したデンマーク代表MFは、これにより先日加入したカスパー・ドルベリと引き続きホッフェンハイムでもチームメイトということに。またブルン・ラーセンやスコフとともに4人目のデンマーク人選手となる。31才のベテランの獲得によって首脳陣としては、足首からの復調を目指すグリシャ・プレーメルに時間を与えていきたい考えであり、ブライテンライター監督は先日、復帰の見通しを3月と述べていた。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース