2023/02/28

低迷続くホッフェンハイム、カバクやプレーメルら負傷組からは朗報

©︎IMAGO/Sven Simon

 3試合で3敗。TSGホッフェンハイムにおけるペジェグリーノ・マタラッツォ新体制の船出は、決して良好なものと呼べるようなものではない。ただそれでも少なくとも人事面に関して言えば明るい兆しもみえはじめている。ドルトムント戦にてマルコ・ロイスとの対人戦に臨んだ際に負傷していたオザン・カバクだが、長期離脱は避けられ明日の水曜から練習に復帰する見通しとなったのだ。

 さらに先週は足首を捻挫してドルトムント戦を欠場していた新進気鋭、トム・ビショフについても患部はすでに安定しており、どうやら週末に控える1.FSVマインツ戦では風邪を患っていたトーマス・デラニー、そしてふくらはぎに負傷を抱えていたロベルト・スコフと共に、戦列に加えることができる模様。

 足首の骨折で長期離脱中のグリシャ・プレーメルについては、まだチーム練習参加は程遠いがリハビリは終わりに近づいており、順調にいけば11月初めの離脱から今シーズン中にも復帰を果たすことができるだろう。無論焦りは禁物ではあるのだが、それでもその走力、推進力、対人戦での強さ、精神力といった部分は、残留争いにおいて重要な要素となりうるものだ。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース