2022/6/27

チェフェリンUEFA会長、クロップ、グアルディオラ監督にチクリ


 昨年に大いにサッカー界を賑わせたスーパーリーグ構想も、間も無く多くの賛同クラブが手を弾いたために沈静化。それでもなおレアル、バルサ、ユベントスが依然として結束をみせ、7月中旬にも話し合いが予定されているところだが、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、イタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』とのインタビューにおいて、「裁判所がどんな決定を下したとしても、何も変わりはしない」と語った。
 さらにリヴァプールのクロップ監督やマンチェスターCのグアルディオラ監督に対し、「いつもFIFAやUEFAを口撃するのは容易だがね、ただ議論はシンプルで試合数が減れば減収になるということだよ」とチクリ。国際大会における負担の問題について「リーグ戦では20チーム参加しており(ブンデスなどは18チーム)、さらに国内カップ戦が2つもあり、それに対する対応については何ら協議もされていないではないか」と、国内だけで63試合というイングランドサッカー界を引き合いに指摘した。
 

インターナショナル の最新ニュース