2022/7/02

リヴァプール、モハメド・サラーと延長


 この夏にはサディオ・マネがバイエルンへと後にし、さらにロベルト・フィルミノには常に移籍の可能性が取り沙汰されているところだが、リヴァプールFCは来夏までとなっていたモハメド・サラーとの契約を延長。詳細については明かされていないが、英紙アスレティックによれば2025年までで、週給35万ポンドを手にすることになるという。
 すでに新シーズンもリヴァプールでプレーすることを宣言していたサラーは、「もう全てが完了した」と報告。「ここ5・6年常に上昇気流にのっている」クラブで254試合に出場し156得点を決めるなど、3度に渡りプレミア得点王に輝いたエジプト代表は、「今日はみんなにとってハッピーな日となった」と喜びを語った。

 クロップ監督は「クラブにとっても、彼にとっても最良の決断だ」と喜びを述べ、「彼のベストシーズンはこれからだと確信している。フィットネスの面でも、彼はマシンのようなもので、信じられないほど調子がいい。それに加えて、彼の技術はシーズンごとに向上しており、判断力も増しているよ」と言葉を続けた。 
 

インターナショナル の最新ニュース