2022/7/13

ラヒーム・スターリングが、マンチェスター・シティに別れを告げる


 イングランド代表ラヒーム・スターリングが、自身のインスタグラムを通じて、これまで所属してきたマンチェスター・シティに別れを告げた。2015年に「マンチェスター・シティには、20歳とまだ若い時にやってきた。そして今日、僕は一人の男となってこのクラブを後にすることになる」と投稿。「7シーズン、11のタイトル」の思い出とともに、改めてクラブのコーチ陣や同僚、スタッフらに感謝の気持ちを伝えた。
 さらにチェルシーFCでは2年連続で年間最優秀選手にも選出されている人気者、メイソン・マウントについても明るい話題がなされており、チェルシーとの契約を2024年まで残す23歳は、サラリー面での序列ではむしろ下に位置するなか「僕はここでとても、とてもハッピーだし、契約延長に関する話し合いはすぐにでも始めたいね」との考えを語った。
 一方でマンチェスター・シティでは火曜午前に、ロドリとの契約延長がすでに発表されている。2019年にアトレチコから加入したスペイン代表との契約は、これまで2024年まで設定されていたものの、その間に2度プレミア制覇を達成した同選手との契約はこのたび、さらに2027年まで更新されている。
 

インターナショナル の最新ニュース