2022/7/27

2013年のバルサ移籍の不正疑惑で、ネイマールが10月下旬に裁判


 フランスの通信社AFPが裁判所に近い情報筋から得たところでは、パリ・サンジェルマンに所属するネイマールが、今年の10月17日から31日にかけてバルセロナにて裁判を受けることになる模様。またバルセロナのサンドロ・ロセル、ジョゼップ・マリア・バルトメウ両元会長についても同様であり、報道によるとスペインの検察庁はネイマールに対し、2年の実刑判決と1000万ユーロの罰金を要求しているようだ。
 この裁判は2013年にネイマールが、FCサントスからFCバルセロナに移籍する際に行われたとされる不正の可能性について問うものであり、提訴したのはブラジルの投資ファンドDIS。当時21歳だった同選手の権利を40%所有していたとされ、バルセロナは獲得時の移籍金額を5710万ユーロとしていたものの、後に8330万ユーロであることを認めている。
 

インターナショナル の最新ニュース