2022/8/05

パリSG移籍から1年、ワイナルドゥムがASローマに移籍

©︎IMAGO/ANP

 リヴァプールFCでの5年間ではリーグ優勝1回、チャンピオンズリーグ優勝1回を果たしたジョルジニオ・ワイナルドゥムはが、昨夏にフリーで移籍したパリ・サンジェルマンでは全く思うように事は運ばず、31歳のオランダ代表MFはこの夏、フランスの首都からイタリアの首都へと戦いの場を求めた。

 確かにリーグ戦31試合に出場しメッシ、ネイマール、エムバペらとともにタイトル獲得も祝った同選手ではあるものの、定位置の座を確保することは叶わず、今冬に控えるカタールでのワールドカップ参加を睨んで出場機会の確保をはかりたいところであり、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるASローマにレンタルで加入することとなった。さらに900万ユーロでの買取オプションつき。

 とりわけASローマはこの夏だけでパウロ・ディバラをユベントス・トリノから、ネマニャ・マティッチをマンチェスター・ユナイテッドから獲得することに成功しており、今回のパリ・サンジェルマンからのワイナルドゥム獲得で俄然注目が高まるところ。これから背番号25をつける同選手は、「このクラブについて聞いた人たちは口々に素晴らしい感想を述べていた。そしてクラブからはとても熱心に誘ってくれており、こういったことが選手の自信につながり、良い感覚をもてるようになるものだよ」と語った。

ヴェレトゥは母国のマルセイユへ

 その一方でローマからフランスへと戻ることになるのが、ジョルダン・ヴェレトゥだ。ワイナルドゥムと同様レンタルにはじまり、その後に完全移籍して3年間在籍してきた同選手だが、ワイナルドゥムの獲得によりもはや退団は明らかなものとなっており、これから29歳のベテランはオリンピック・マルセイユにて新たなチャプターを開く。
 

インターナショナル の最新ニュース