2022/08/16

クロップ監督、ダーウィンの退場劇に苦言

©︎imago images (2)

 週末に行われたクリスタル・パレス戦にて、1−1の痛み分けに終わったリヴァプールFCの結果には、少なからず今夏加入のダーウィンが影響を及ぼすことになってしまった。「ダーウィンは同僚を失望させた」と試合後にユルゲン・クロップ監督はコメント。ベンフィカより移籍金7500万ユーロで獲得したアタッカーは、初のホーム戦で初先発となったこの試合で、相手選手の突進に過剰に反応して退場処分に。「確かに挑発はあったとはいえ、間違いなく誤ったリアクションをみせてしまった」と指揮官も苦言を呈す。

 これによりリヴァプールはこの試合で30分以上にわたり数的不利で戦って1−1という結果に終わってしまったのみならず、これから23歳のウルグアイ人FWを欠いて続くマンチェスター・ユナイテッド戦、ボーンマス戦、そしてニューカッスルとのリーグ戦に望むことを余儀なくされた。クロップ監督は「ここから学ぶことになる。残念ながら彼は今、その機会をこれから3試合分、手にすることになったんだ。我々にとっては、決して喜ばしいこととはいえないね」と言葉を続けている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース