2022/08/20

ネイマールとエムバペ、ガルティエ監督「翌日には事態の収束を図った」

©︎IMAGO:Buzzi

 先日行われたモンペリエとの一戦では、ネイマールとキリアン・エムバペがPKを蹴る前に少し議論を行なっており、最終的にはネイマールが決めて2−0とすることに成功。ただそれでも両者の関係性や、PKキッカーの担当など議論となるには十分な光景だったようだ。会見の席で本来のファーストオプションを問われたクリストフ・ガルティエ監督は、「メッシかもしれないし、ラモスかもしれない」と返答。「私が望むことはリスペクトであり、試合の流れもある」と述べており、実際にエムバペは前半にPKを蹴って失敗に終わっていた。「得点を決めることは自信という点で重要だが、試合の状況というものもある。時に一歩下がる聡明さも選手次第なんだ」

 ただマスコミやネット上では両者の不仲説が流れ、そしてネイマールがチームメイトに対してあまり親切とはいえないツイートを行ったことでヒートアップをみせることになったこともあってだろう、「翌日には会って、事態の収束を図った。リール戦にむけ良い準備をするために、とても快適な1週間を過ごせているよ」と強調。なお3試合で勝ち点9を確保したパリ・サンジェルマンは、前節でナントと痛み分けに終わった2位OSCリールとの一戦が控えているところだ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース