2022/08/26

ユベントスはミリク獲得か、デパイにはマンU復帰の可能性

©︎imago images

 オランダ代表として46試合の出場経験をもつケヴィン・ストロートマンが、今冬よりレンタルで加入していたCFCジェノアに移籍することになった、オリンピック・マルセイユ。幾度となく大きな負傷に見舞われてきた、セリエA通算129試合を誇る32歳はセリエB降格組でのプレーを決断。

 そしてさらにマルセイユではアルカディウス・ミリクについても同じくイタリア、こちらはセリエAのユベントス・トリノへと移籍することになりそうだ。フランスとイタリアのメディアによるとクラブ間で合意、本日午後にもメディカルチェックを受ける見込みで、レ・キップによればまず200万ユーロでレンタル、さらに800万ユーロでの買い取りオプションも付随するという。

 一方でスペインとイギリスのメディアでは、ユベントスも候補となっていたメンフィス・デパイが、マンチェスター・ユナイテッドへ復帰する可能性を伝えており、前回2015年から在籍した当時ではあまり定着を果たせなかったが、同じオランダ出身のエリック・テン・ハフ監督の下、デパイはマンチェスター・ユナイテッドで再起を図ることになるのだろうか。

 ちなみに既報通りにマンチェスター・ユナイテッドでは、前述オリンピック・マルセイユに、エリック・バイリーをレンタル。こちらは1年間のレンタル移籍ではあるのだが、ミリクと同様に買い取りオプションも付随。2016年にマンUに加入したのち、同選手はここまで通算113試合に出場していた。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース