2022/09/13

リヴァプール:クロップ監督「長きに渡りみせてきた卓越した一貫性」を要求

©️IMAGO/PA Images

 プレミアリーグではここまで7位、そしてチャンピオンズリーグ初戦ではSSCナポリに1−4での黒星スタートを切ったリヴァプールFC。現在はリズムを失っているのでは?との問いを受けたユルゲン・クロップ監督は、これに対して「どんなリズムだい?」と質問で返しつつ「リズムがないああいう試合を見るのははクールだったろう?」と皮肉を述べながら、改めて「ひどいものだったね。就任以来、最悪だったよ」と振り返った。

 確かに2020年10月のアストンヴィラ戦での敗戦(2−7)を彷彿とさせるものはあったが、まだその時の方が収穫はあったようで「全ての面で悪かった。3人は普段のプレーだったが、あとは平均以下だった」とコメント。今回はリーグ戦での中断を利用しながらミスを分析、そして厳しい練習を行ってきたことも明かしている。「何よりも重要なことは、我々がふたたち共通認識を持てるようにすることにある」

 そこでの「一発回答」を出さなくてはならない相手が、アヤックス・アムステルダムだ。「彼らはまったく異なる状況にある。彼らは全ての試合で勝利しているよ」と自軍にはない結果と安定感に賛辞をおくったクロップ監督は、「ただ今回に関しては我々にとってのホーム戦であることに変わりはない」と語気を強め、「ナポリ戦とは全く違うアプローチであることを認識しなくては。常に守備から始まるものだ」と選手たちに要求した。「このチームは「長きに渡りみせてきた卓越した一貫性をみせてきたのだよ」

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース