2022/09/13

ダーロウ負傷のウェストハム、ロリス・カリウスを獲得

©️imago images/Shutterstock

 ロリス・カリウスが再びプレミアリーグの舞台に戻ってくることが明らかとなった。ただし契約上はひとまずは、前半戦いっぱいまでの短期のみとなっている。これはニューカッスル・ユナイテッドのカール・ダーロウが先週の練習中に足首を負傷したためであり、すでに移籍市場が閉幕していた中で元リヴァプールのGKへと白羽の矢が立った格好だ。

 ちなみに昨季先発GKを務めていたマルティン・ドゥーブラフカは、先日にマンチェスター・ユナイテッドへとレンタル移籍したばかりで、またプレミアでは前半戦でのメンバー25名を木曜までに登録する必要があり、これからカリウスはニック・ポープのバックアップを担っていく。なお契約には今季まで延長可能となるオプションも付随。

 2016年に1.FSVマインツ05より、ユルゲン・クロップ監督が就任したリヴァプールへと移籍。しかしながら2018年のCL決勝レアル・マドリード戦での失態をきっかけに低迷がはじまり、その後にアリソンが加入。カリウスに出場機会はもはや巡ってくることはなく、トルコ(ベシクタシュ)やドイツ(ウニオン)へのレンタル移籍を繰り返していた。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース