2022/09/15

前回W杯王者フランス、開催2ヶ月前で主力の負傷離脱が相次ぐ

©️IMAGO/NurPhoto

 前回優勝国として今冬に開催されるワールドカップへと臨む、デシャン監督率いるフランス代表。だが開幕を2ヶ月前に控え深刻な主力選手の離脱という危機に直面している。ポグバ、カンテ、コマン、キンペンベ、エルナンデス、ベンゼマ、コナーテ、トマ・レマルが不在となっており対応を余儀なくされているのだ。ただしGKだけは万全である。マイク・マイニャンがミラノで好調なパフォーマンスをみせているが、それでも主将ウーゴ・ロリスが先発GK確定だろう。第3GKは未定で代表経験のないアルバン・ラフォンも候補だが、スティーヴ・マンダンダやアルフォンス・アレオラも控える。DFについてはここのところは3バックを採用しており、本来ならリュカ・エルナンデスとラファエル・ヴァランが先発確定だが、それ以外の候補としてはポリバレントなジュール・クンデはレギュラーとなる可能性もあり、今季アーセナルで好調なウィリアン・サリバ、6月は結婚式で代表参加を見合わせたチェルシー加入のウェズレイ・フォファナも候補。

 一方で中盤についてはポール・ポグバとエンゴロ・カンテが9月の2試合で欠場。特にカンテは昨季の代表戦4分の3を欠場しており、今冬の本番までには状態を上げてもらいたいところ。ポグバについては膝の手術のため参加自体が大いに危ぶまれている。ただそんな中で試されたオーレリアン・チュアメニが結果を残しており先発候補。リヨンに移籍して実践経験を積み始めたコランタン・トリッソ、レアルで好調なエドゥアルド・カマヴィンガも虎視眈々をきかいを伺う。ちなみに6月はブバカル・カマラとマテオ・ゲンドゥージも参加していた。FWについてはキリアン・エムバペと誰がプレーするのか。デシャン監督が頼りにし続けてきた、カリム・ベンゼマが負傷、アントワーヌ・グリーズマンが複雑な契約状況で実践経験が乏しく、ここにバルサで好調なウスマン・デンベレが戻る可能性がある。またミラノで好調なスタートを切ったオリヴィエ・ジルーの名前も同様にあげらるだろう。ブンデスリーガからもクリストファー・エンクンクやムサ・ディアビーにチャンスはあるはずだ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース