2022/09/25

バルサに悲報:アラウージョとクンデがしばらく離脱へ

©️IMAGO/Pressinphoto

 FCバルセロナに残念な知らせが届いた。今回の代表戦期間でそれぞれ代表に参加していた2選手、ジュール・クンデとロナルド・アラウージョが負傷。非常に重要な一戦を前にして離脱を余儀なくされることが明らかとなったのである。

 前者は先日に開催されたオーストリア代表戦にて、フランス代表が2−0で勝利した際に大腿を負傷したとのことで、後者についてはイラン代表戦にて、ウルグアイ代表は0−1で敗戦した際に内転筋の腱を断裂したという。

 クラブ側は2人のディフェンダーそれぞれの離脱期間について特に明かしてはいないが、メディアの報道によるとクンデの場合は2週間から3週間となる模様。またASによればアラウージョは6週間から8週間の離脱に入るようで、後者については今冬開催のワールドカップ参加さえ危ぶまれることになる。

 シャビ監督下で絶対的主力となっているアラウージョは、今季はここまで全試合で参加中。一方のクンデはリーグ戦最初の2試合で欠場したものの、その後からは先発へと定着しているところ。だが10月4日と12日にCLインテル戦、さらには10月16日にレアルとのクラシコで、4バックのうち2枚の主力を欠いて臨むことになった。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース