2022/09/28

インテルの赤字が大幅に縮小、さらに蘇寧グループは1億ユーロの増資へ

©️IMAGO/Nicolo Campo

 インテル・ミラノは2020/21シーズンにおける会計年度において、1億4000万ユーロの赤字を計上、つまりは1億ユーロ近く赤字幅を縮小させたことを明らかにした。前年度に計上していた赤字額は2億4600万ユーロにまで上るものであり、そのためリーグ王者ながらロメウ・ルカク、アクラフ・ハキミらの売却を強いられることに。

 ただ2016年よりオーナーを務める張家率いる中国の『蘇寧グループ』は、インテルに対して、1億ユーロの増資を計画していることからも、おそらくは近い将来、ネッラズーリは財政的に落ち着いた状態に戻されることになるだろう。なお今季はここまでリーグ戦7試合を消化して7位。CLでは初戦でバイエルンに敗戦するもプルゼニには勝利。これからリーグ戦ではASローマと、そしてCLではバルサとの対決が待っている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース