2022/10/05

ラ・リーガで最初の解任劇、ロドリゲス監督がエルチェを退団

©️IMAGO/Shutterstock

 リーガ・エスパニョーラでは第7節を終えて、最初の監督解任劇が起こった。最下位に沈むエルチェから、フランシスコ・ロドリゲス監督が後にすることに。これはラージョ・バジェカーノに1−2で敗戦した翌日、火曜日にクラブ側から発表されたもの。つまりはウナイ・ロペスのジョーカーゴールが、5連敗とロドリゲス監督の解任を決定づけたことになる。

 2021年11月からFCエルチェの指揮をとり、昨シーズンではクラブを13位に導く手腕を発揮していたロドリゲス監督だったが、そのラージョ・バジェカーノ戦後には「もうどうにもならない状況だ」と肩を落としており、今のところはまだ後任監督については発表されていない。来週月曜にはRCDマジョルカとの一戦が控えているところだ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース