2022/10/05

インドネシアの悲劇:クラブ代表者2名が無期限追放処分へ

©️picture alliance / AA

 火曜日にインドネシアサッカー協会の規律委員会会員エルウィン・トビング氏は、同国1部アレマ・クロノスFCの「アブドゥル・ハリス会長と、セキュリティコーディネーターを務めていたスコ・ストリスノ氏の2人を、サッカー活動から永久追放することになった」と発表した。なおアレマFCは今季中の試合開催が不可能となっており、さらに2億5000万ルピー(1万6600ユーロ)の罰金も命じられているところ。またマラン市の警察署長が月曜日にその職務を解かれている。

 週末に行われたアレマvsペルセバヤとの一戦では、暴動を警戒してホームのファンのみが会場に動員されていたのだが、そのカンジュルハン・スタジアムで集団パニックが発生。130人以上が死亡しており、約300人が負傷し、中には重傷者もいるという。当局によると、死者の中には数十人の未成年者が含まれていた。警察は催涙ガスを大量に使用し、多くの犠牲者が窒息死したことも伝えられている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース