2022/10/11

アトレティコ、バルサからグリーズマンを完全移籍で獲得

©️IMAGO/AFLOSPORT

 アントワーヌ・グリーズマンが再びFCバルセロナに戻ることは、もうない。そしてこれからはアトレティコ・マドリードにて、30分以上の出場機会を得ることに、なるかもしれない。そしてバルサは買い取った金額よりも1億ユーロも低い金額で、買い取った先に完全に譲渡することになった、ようだ。それが月曜日に明らかとなった、グリーズンマンの完全移籍が意味するところである。

 2023年までのレンタル契約では、出場時間に応じて4000万ユーロでの買取オプションが自動行使される仕組みとなっていたものの、それを避けるためにアトレティコ側は出場時間を30分以下にとどめており、最終的に今回はその金額の半額で完全移籍に応じたようだとメディアでは報じられているところ。

 特にその動きを後押ししたのは、グリーズマン自身がキャリア絶頂期を過ごしたここアトレティコへの残留、つまりはバルセロナへの復帰を望まなかったことにあり、「自分の望む場所にいられて幸せだよ」とTwitterにてコメント。このたびは改めて2026年までの契約を締結した。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース