2022/10/20

クラシコ敗戦で重圧増すシャビ監督「バルサはタイトルを獲得しなくては」

©️IMAGO/NurPhoto

 先日のクラシコにおける敗北は、FCバルセロナにとってもシャビ監督にとっても、まさに痛恨の極みといえるものだった。「レアルはよく守っていたし、我々はこれまでみせていたような攻撃的なプレーができなかった」と、ビジャレアル戦前に行われたプレスカンファレンスにてコメント。数日がたった今もなおその傷は癒えておらず、今回の勝利で意気揚々とシーズンに臨むレアルに対して、バルサにかかる重圧は更に高まりをみせているところだ。

 とりわけこの夏にバルサは巨額の債務を抱えながら、資産の売却にまで踏み切って「成功するためのチームを作ってきた」背景がある。にも関わらず今年もチャンピオンズリーズからの敗退は秒読み段階にあり、「今は皆が僕を励ましてくれているよ。まるで親戚でも亡くなったかのような気分だ」と指揮官。「バルセロナにおいて過渡期とよべるシーズンはありえない。常にタイトルを目指してプレーしてなくてはならないんだ」

 それではもしもシーズン終了後にタイトル獲得を果たせなかった場合には?「それならば会長が話していたように、結論が導き出されることになる。言い訳などする気はない。タイトルを取らなければ、別の監督が来ることになるさ。ただもちろんこれからもあらゆることに取り組んでいくがね」と言葉を続けた。確かに様々なことがあったとはいえ、現在のバルサがもつ戦力がタイトル獲得にまでレベルアップさせたことは変わりない。あとはシャビ監督には、ただ結果が求められている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース