2022/10/21

ジェラード監督、アストン・ビラを解任。「クラブにとって不十分」

©️IMAGO/Pro Sports Images

 午後10時23分に昇格組フラムFCとのアウェイ戦が終了を告げた時、これがスティーブン・ジェラード監督にとっての最後の試合となることは、もはや明らかなことであった。それからさほど時をおかずして、クラブ側から「スティーブン・ジェラード監督が即座に解任となります」と簡潔な声明が発表。「スティーブンの尽力と献身に感謝するとともに、今後の多幸を祈ります」と広報担当より付け加えられている。

 ただ当初はそれが自ら求めたことであるのか、それともクラブ側空であるかは不明であったが、今回の0−3での敗戦で4試合連続未勝利、17位と降格争い真っ只中にあり、試合後のインタビューにて同氏は「辞めるということは私の遺伝子に組み込まれていない。ただこのクラブにとって十分ではない、それが現実だ」と語っていた。

 1年弱前にアストン・ビラの監督へと就任していたスティーブン・ジェラード氏は、なかなか持続的な成功をおさめるまでには至らず、2021年にグラスゴー・レンジャーズをリーグ制覇に導いた42歳だったが、ただ最初のプレミア監督シーズンとなった昨季では、リーグ戦14位にとどまり今季も低空飛行が続いている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース