2022/10/29

マリ刺傷でモンツァが試合延期要請も、セリエAは予定通り開催へ

©️IMAGO/aal.photo

 ACモンツァとボローニャによるリーグ戦は、予定通りに月曜夜に開催されることになる。先日発生したミラノ市での無差別殺傷事件に巻き込まれ、背中を数回刺されて手術を受けていたパブロ・マリが所属する、ACモンツァ側はリーグに対して選手たちがショックを受けているとして延期を要請。だがこれにリーグ側は断りを入れたために予定通りの開催となっている。

 FCアーセナルよりレンタルで加入中のベテランディフェンダーは、うつ病の精神疾患を患っているとされる今回の事件の加害者によって、負傷した6人のうちの1人であり、30歳のレジ担当は生命を落とすこととなった。その後にマリはSNSを通じて無事に手術がうまくいったことを報告しつつ、亡くなった方への想い、そして同じく負傷した人々の早期回復を願うメッセージを投稿している。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース