2022/11/03

レアルがペースダウン、CLセルティック戦で軌道修正なるか

©️Getty Images

 これまで素晴らしいシーズンを過ごしてきたレアル・マドリードだが、今シーズン最初の壁に苛まれつつある。その結果トニ・クロースは、キャリア初の経験をすることにもなった。

 1週間前のセビージャFC戦では、カルロ・アンチェロッティ監督率いるレアル・マドリードは、前半に幸先よくリードを奪うも後半途中には同点に追いつかれ、そして試合の終盤となって個々の力量から勝利まで漕ぎ着けることができた。

 だがその後のCLライプツィヒ戦では歯切れの悪いプレーに終始して敗戦、続くリーグ戦ジローナ戦でも集中力を欠いたプレーを露呈し、クロースは長いキャリアで初めての退場処分まで受けている。

 この痛み分けにより2位バルセロナとの勝ち点差は1にまで縮まり、そして水曜夜に迎えるCLセルティック・グラスゴー戦では、結果次第ではグループリーグの首位の座からの陥落の可能性も残されているところだ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース