2022/11/03

韓国代表ソン・フンミンが手術、W杯参加が危惧

©️Getty Images

 ワールドカップ開幕はまだ先のように感じる人たちも少なくないだろう。だが出場する選手たちにとっては、1つの負傷が大舞台をフイにしかねない大きなリスクを伴う状況下にある。そんな中で先日のチャンピオンズリーグGL最終戦オリンピック・マルセイユ戦にてソン・フンミンが、そしてディナモ・ザグレブ戦ではベン・チルウェルが、それぞれに負傷交代を余儀なくされていた。
 
 後者については大腿を負傷したためにこれから検査待ちという状態にあるのだが、一方で前者については「左目の周りに抱えた骨折部分を安定化させるために」手術を受ける必要があることが発表されており、現時点においてはまだ具体的な復帰時期については未定。手術を受けた後に30歳の攻撃的プレーヤーは「我々のメディカルスタッフとともにリハビリを行なっていくことになります」との発表がなされている。「追ってファンのみなさまにお伝えいたします。」

 むしろこの「ファン」の意味するところはスパーズファンというよりも、韓国代表ファンという意味合いが強いことだろう。すでに2度ワールドカップに出場するなど通算107キャップを誇る中心選手が、もしも欠場となった場合にはこれからグループリーグでウルグアイ、ガーナ、ポルトガルと戦う韓国代表にとって痛恨の極みとなるはずだ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース