2022/11/03

え?ニューカッスルが6人交代?それが誤りではない理由とは

©️imago images

 今季プレミアリーグで大きな飛躍をみせてくるクラブの1つとして、ニューカッスル・ユナイテッドの名前をあげることができるだろう。週末にはホームでアストン・ヴィラから勝利を収めるなど、元ホッフェンハイムのジョエリントンらの活躍で4−0と違いをみせつけたのだが、ただあることがその勝利に大きな疑問符をなげかけている。6人の選手交代は許されるべきだったのか?

 とりわけこれはSNSにてファンの間で物議をかもしているものの、この説明のためには今年の2月6日にまで遡らなくてはならない。プレミアリーグでは「脳震盪」の場合における特別交代枠を設けており、IFABが提案していたこの条項に同意したことで各クラブは、頭部に負傷があった場合には5つの交代枠以外のものとして選手を入れ替えることが可能。

 ただ今回頭部を負傷したのはアストン・ヴィラのGKエミリアーノ・マルティネスである。にもかかわらずなぜニューカッスル側が6人目の交代を行なったのか?実は脳震盪による交代(1試合1チーム2人可能)の場合は、相手チームも同様に6人目の交代が可能となっており、それを今回はじめてニューカッスル側が導入したということなのである。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース