2022/11/04

ピケが現役引退を電撃発表、土曜日が最後のホーム戦に

©️imago images

 ジェラール・ピケが自身のSNSにてビデオメッセージを投稿、そこで残る2試合をもって現役生活にピリオドを打つことを明らかにした。2004年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドから、2008年には念願のバルサ復帰を果たすと、これまでクラブシーンのみならず、スペイン代表としても主力選手として、タイトルを総なめにしてきた。「サッカーは僕に全てを与えてくれた。バルサは僕に全てを与えてくれた。そしてファンのみんなは僕に全てを与えてくれた」と同選手は感謝のコメント。

 ただここのところはかつての同僚シャビ監督の下で、守備陣に離脱者がでていたにもかかわらずリーグ戦5試合、CLでは4試合の出場になるなど2列目、3列目の選手にまで降格しており、先日のビジャレアル戦などは途中投入の際にファンからブーイングが浴びせられるなど、キャリアでもっとも苦しい時期を過ごしているところだった。そのため契約は2024年まで残されていたものの、現役引退を決意。「これからもチームを応援するし、バルサへの愛を子供たちに伝えていく」と語ったピケは、「いつの日かまた、僕はここに戻ってくることだろう」と言葉を続けた。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース