2022/11/16

セリエA、主審を侮辱したモウリーニョ監督に2試合の出禁

©️IMAGO/ZUMA Press

 年内最終戦となった不祥事を受けて、セリエAはASローマのジョゼ・モウリーニョ監督に対し、2試合の出場停止処分とする判断を下した。これは火曜日にリーグ側から明かされたものであり、これによりクラブは年明けに控えるボローニャ戦(1月4日)とACミラン戦(1月8日)で、指揮官不在の中で臨むこととなる。

 週末に行われたFCトリノとのドロー劇(1−1)では、モウリーニョ監督は試合終了直前にピッチ内へと足を踏み入れ、アントニオ・ラプアーノ主審が下した判定に抗議。リーグの声明によればそこで「脅迫的な態度」と侮辱的暴言を繰り返しており、その結果で退場処分が言い渡されていたと説明した。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース