2022/11/20

ベルギー代表、ロメル・ルカクがしばらく欠場

©️IMAGO/Sportpix

 ベルギー代表ではこれからしばらくの間、ロメル・ルカクを欠いて、ワールドカップのグループリーグへと臨むことを余儀なくされた。優勝候補の一角を占めるベルギー代表から、AFP通信社が聞いた話として大腿筋を負傷したストライカーは、少なくとも初戦のカナダ代表戦、そして次のモロッコ代表戦では欠場。早くとも第3戦目となるクロアチア代表戦で復帰する可能性があるという。

 今シーズンのルカクは幾度となく負傷を繰り返してきた背景があり、出場した試合は全て合わせても5試合のみ。出場時間では256分間にとどまっており、大腿筋の肉離れから復帰を果たしたのは10月のことではあったのだが、ただその1週間後には再負傷。ここまでベルギー代表での練習には参加することさえできていなかった。代役候補は元ドルトムントのミチー・バチュアイ。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース