2022/11/22

リオネル・メッシ、ワールドカップ4大会得点でロナウドに並ぶ

©️IMAGO/Newspix

 月曜日に行われた練習では、最初にピッチに立っていた、リオネル・メッシ。アルゼンチン代表の同僚らと談笑しながら、試合前日の会見へと臨んだ際には、いよいよ始まるワールドカップでの戦いに向けて、「とても興奮している。勝ち点3を取るためにベストのプレーをする」ことを誓っていた。ふくらはぎの問題も「体調はとてもいいし、良いタイミングでここにこれたと思う」との言葉から払拭されていたのだろう。「最後のW杯になる、誰もが欲しい物を手にする最後のチャンスだ。このチームは2014年大会を思い起こさせる、非常にまとまりのあるチームで、ピッチ上ですることが明確だ」とコメント。

 その前回の決勝進出と同じ道を歩むための第一歩となる、サウジアラビア代表戦では開始10分に、メッシはさっそくPKを沈めて先制ゴール。ワールドカップ通算7得点目となった35歳の今回の得点は、これまで出場したワールドカップ4大会でゴールを決めたという意味合いをもち、それはミロスラフ・クローゼ、ウーヴェ・ゼーラー(ともにドイツ)、ペレ(ブラジル)、そしてクリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)に並ぶもの。ちなみに得点数は7得点でそのロナウドと並び、ワールドカップ通算得点数では30位となった。(首位はクローゼの16得点)ちなみに最初の得点から16年かけての7ゴールは過去最長。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース