2022/11/24

『ゲームチェンジャー』森保采配。守備を引き締めハイプレスとスピード強化

©️IMAGO/MB Media Solutions

 11月23日に行われたワールドカップ・グループリーグ初戦、日本代表はドイツ代表を相手に逆転勝利、昨日のサウジアラビアによるアルゼンチン撃破と同じ展開で再びサプライズを繰り返してみせた。特にそこで決定的な役割を果たしたのが、森保一監督による選手交代とシステム変更である。

 前半では日本代表は思うように試合に入っていくことができず、前田大然がオフサイドでゴールネットを揺らした以外に、特に攻撃的な展開はこれといってみられていなかった。確かにドイツ代表が右SBにCBを本職とするニクラス・ズーレを配置するなど、4バックながら少し守備的にプレーしていたという部分もあるだろう。それに加えてドイツ代表は支配率8割を誇っていたことから、日本代表にとっては守備面でも対応に追われることになった。

 そんな中でイルカイ・ギュンドアンがPKを落ち着いて沈めたことにより、日本代表はさらに追いかけていかなくてはならない立場となってしまう。だがそこで森保監督が下した判断はむしろ、攻撃的な久保建英を下げてセンターバックの冨安健洋を起用するというもの。守備の枚数を増やして5バックでの対応策を講じたのだ。その理由について、指揮官は試合後「よりディフェンスに気を配っていく必要があった。そこでシステムを変更することにした。選手たちはそこで一体なにを求められ、そしてどういうプレーをすべきなのか。すぐに理解してプレーしていた」と語る。

 それでも後半戦の立ち上がりからドイツ代表が追加点を決めきれなかったことは、日本代表にとって救いとなったことに変わりはないだろう。それでも総じて見て後半に入ってからは日本代表の方がゲーム展開はよく、攻撃面でより危険な状況を作り出していた。背後に3枚のセンターバックを配置したことで、森保監督の意図を組んだ日本代表の選手たちがむしろ「そこで少しプレッシャーを増していくようになり、マンツーマンで、より高い位置からプレスを仕掛けてくるようになった」とマヌエル・ノイアー。

 さらに森保監督が途中から投入した堂安律や浅野拓磨らスピードのある選手が、ペナルティエリア内へと頻繁に侵入。73分にはノイアーの好セーブで伊藤純也のシュートを防いだものの、その直後に堂安が6mの距離から押し込んで同点としてしまう。もはや守備に迷いが生じたドイツ代表が、更なる失点を繰り返すのはもはや必然的で、板倉滉のパスでオフサイドを仕掛け損ねたズーレのミスを突き、シュロッターベックと競り負けなかった浅野拓磨がノイアーの牙城を崩した。「素晴らしい勝利を果たせた」と森保監督。「でも前に進まないと。次の試合も変わることなく準備していく」とコスタリカ戦に向け気を引き締めている。

日本人選手の最新ニュース