2022/11/24

ロナウドが少年の携帯を叩き落とした件で、FAが2試合の出場停止処分

©️IMAGO/PA Images

 双方合意による退団が発表された、クリスチアーノ・ロナウド。これでマンチェスター・ユナイテッドからこの冬にも再び移籍することになったのだが、ただその行き先は引き続きプレミアリーグとなる可能性がある。

 現在W杯参加中のポルトガル代表主将に対しては、トッド・ベーリー氏がオーナーを務めるようになったチェルシーFCや、サウジマネー注入で新たな富豪となったニューカッスル・ユナイテッドが獲得を検討していると言われているところ。

 その場合には2試合は出場を見合わせることになるだろう。昨年4月に行われたエヴァートン戦にて、ファンの少年がもっていた携帯電話を叩き落とした、37歳のストライカーの行為に対する処分を、FAが発表。

 「FAルールE3」への抵触として、5万ポンドの罰金を含む2試合の出場停止処分を言い渡した。なおすでにロナウド側は、この4月の行動について不適切であったことを認めている。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース