2022/12/13

ポルトガル:サントス監督も退任か、後任候補の中にモウリーニョ監督も

©️imago images

 少なくとも『A Bola』紙の見方によれば、ポルトガル代表とフェルナンド・サントス監督は、互いの歩む道をこれから分つことになりそうだ。

 今冬開催中のカタール・ワールドカップでは、グループリーグ第3戦の韓国代表戦にて敗れたものの、それでもグループリーグ突破を果たし、16強ではスイス代表に6−1と大勝。ただその後の準々決勝ではモロッコ代表に敗戦を喫し、激動のワールドカップは終焉を迎えることになった。

 あれから数日が経過しメディアによれば、6年前のユーロでは優勝に導く手腕を発揮した68歳の指揮官はチームを後にすることになるようで、モロッコ戦後にサントス監督自身は今後について、すでにサッカー協会と落ち着いて話し合いの場をもちたい考えを示している。

 なおその後任候補としては既に4人の名前があがっており、U21代表ルイ・ジョルジ監督や、ウォルバーハンプトンのブルーノ・ラージ前監督、フェネルバフチェのジョルジ・ジェズス監督と、ASローマのジョゼ・モウリーニョ監督。

 こういった憶測が浮上する背景となったのはそのカタールでの敗退劇における戦いぶりへの批判の声があり、また2試合続けてベンチスタートとなったクリスチアーノ・ロナウドは代表としての花道を飾ることができずに、その場を後にする結果となってしまった。

International Internationalの最新ニュース