2022/12/16

ポルトガル代表、サントス監督退任。後任候補にモウリーニョ監督ら浮上

©️IMAGO/Shutterstock

 既報通りポルトガルサッカー連盟は、フェルナンド・サントス監督の退任を発表した。両者は契約解消で合意へと至っており、68歳の指揮官との契約はまだ2024年まで残されていたものの、同連盟では新たなスタートを切るのは今だと判断したことを声明で強調している。

 今冬に開催されているワールドカップにおいて、最後の2試合でクリスチアーノ・ロナウドをベンチスタートとしたことが議論となる中で、準々決勝でモロッコに思わぬ敗退を喫しており、就任8年でユーロ2016を制していたサントス監督自身、その試合後に今後について同国サッカー連盟との話し合いを希望する発言をしていた。

 なおポルトガルのレコルト紙やア・ボラ紙などが報じている情報によれば、サントス監督の候補として、ポルトガル人監督の象徴的存在で2021年からASローマで指揮をとるジョゼ・モウリーニョ監督はじめ、さらにポルトガル国内においては元ウォルバーハンプトンのブルーノ・ラージ監督や、フェネルバフチェのジョルジ・ジェズス監督などの名前も浮上中。

International Internationalの最新ニュース