2022/12/16

セルヒオ・ブスケツ、スペイン代表引退を発表

©️IMAGO/Nordphoto

 セルヒオ・ブスケツがスペイン代表としてのキャリアに終止符を打ったことを発表た。つまりは冬開催中のカタール・ワールドカップにて、敗退を喫したモロッコ戦でのPK失敗で幕を下ろすことになるが、34歳のベテランは特に決断の理由について記載することはなく、自身のインスタグラムにて「およそ15年に渡り、のべ143試合でプレーしてきた、この代表チームに別れを告げる時が来た」と金曜に投稿している。

 そしてこれまでの5人の代表監督をはじめとする全てのスタッフ、ファンに対する感謝の気持ちを綴り、「この国を代表して、頂点へと導き、世界と欧州のチャンピオンになって、そこで主将も担えたことは大変光栄なことだった。唯一無二の決して忘れることのできない歴史的な経験だった」と言葉を続けた。

 2010年の南アフリカワールドカップ、そしてその2年後のユーロでも優勝を果たしたスペイン代表のブスケツが、これまでに果たした出場試合数はセルヒオ・ラモス(180)、イケル・カシージャス(167)に続く3位の記録であり、そして2010年のW杯優勝メンバー最後の一人として、ガビやペドリはじめ後進へと未来を託す。

International Internationalの最新ニュース