2022/12/30

『サッカーの象徴』ペレ氏が82歳で他界

©️imago images/Sven Simon

 『サッカー』というスポーツ競技が世界のメインストリームへと変貌を遂げる、そのまさに中心に立っていた人物こそ、ブラジルが誇る英雄エドソン・アランテス・ド・ナシメントだ。1958年にスェーデンにて開催されたワールドカップにて、彼が放ったそのゴールを涙はわずか一夜にしてスポーツ界のスターダムへと押し上げるものとなり、当時17歳の若武者はその後『ペレ』の相性で親しまれていくこととなる。

 だがそんなサッカーの象徴が火曜日に、母国ブラジルで他界したことが明らかとなった。以前より体調を崩し入退院を繰り返していた82歳は、古巣FCサントスの発表によれば火曜日に、故郷のサントスへと埋葬されることになるという。棺は月曜早朝にアルベルト・アインシュタイン病院からクラブのスタジアムへと運ばれ、ピッチの中央へと配置。そして「10時から通夜が行われる」とのこと。

 また火曜日にはサントスの街でイベントも予定されており、11月に100歳を迎えたペレ氏の母セレステさんの家も通るという。またメモリアルネクロポールエキュメニカ墓地への埋葬は、身内で執り行われることも明かされた。

International Internationalの最新ニュース