2023/01/03

ルーカス・ペレス、自ら移籍金を支払い2部下の古巣に復帰

©️IMAGO/NurPhoto

 例えば2017年に移籍金2000万ユーロでFCアーセナルへの移籍を果たしたことを筆頭に、これまでルーカス・ペレスはまさに「渡鳥」として様々なクラブへと戦いの場を求めてきた。

 そしてアラベスやエルチェを経て2022年1月より在籍していたカディスより、今度はかつて3シーズンにわたりプレーした経験を持つデポルティボ・ラ・コルーニャへと移籍することが発表。

 スペイン1部から3部への移籍というだけでなく、選手本人が移籍金の総額100万ユーロのうち49万3000ユーロを負担し、と50万7000ユーロをクラブ側が支払うという特別な形での移籍実現となっている。

International Internationalの最新ニュース