2023/01/07

ジャンルカ・ヴィアッリ氏、闘病の末に58歳で他界

©️IMAGO/PA Images

 ジャンルカ・ヴィアッリ氏がロンドンの病院で他界したことがあきらかとなった。ミラノ近郊クレモナ出身で、1980年台にはサンプドリア・ジェノバにてプレー。1990年にはイタリア代表として参加し、その2年後にユベントス・トリノへと移籍。1996年より3年間はチェルシーFCでプレーする中で、1990年にサンプドリアでUEFAカップウィナーズカップで優勝、1993年にはユベントスでUEFAヨーロッパリーグ優勝、1997年にはチェルシーでFA杯優勝など輝かしいキャリアを誇る。

 また指導者としては1998年から2000年までチェルシーを率いてUEFAカップウィナーズカップとFA杯で優勝。ワトフォードでも指導した後、イタリア代表へと参加。2018年に肝臓癌の闘病から回復して現場復帰して昨夏ユーロでの優勝を共に祝ったが、その再発によって58歳で他界した。イタリアサッカー協会のガブリエレ・グラヴィーナ会長は、「並外れた人間性」をもった「ジャンルカは素晴らしい人物」を失った深い悲しみに暮れているとの声明を発表した。

International Internationalの最新ニュース