2023/01/07

ロナウド、FAからの出場停止処分がサウジでも適用

©️AFP via Getty Images

 先日には大々的にその入団が発表されたばかりのクリスチアーノ・ロナウドだが、そのデビュー戦についてはまだしばらくお預けということになる。37歳のポルトガル代表主将について、まだイングランドサッカー協会から下されている2試合の出場停止処分が、現在所属するアル・ナスルにおいても受け入れなくてはならないことが、金曜日にAFP通信社に対してクラブ関係者が明らかにした。これはFIFA規約12.1条に記載された、「前の協会が選手に貸している、移籍時にまだ(完全に)履行されていない最大4試合、または最大3ヶ月の懲戒処分は、国内レベルで制裁を履行するために選手が登録された新たな協会でも執行されなくてはならない」という内容に沿ったもの。

 ロナウドは11月に当時所属していたマンチェスター・ユナイテッドがエヴァートンに敗れた後、10代のファンが手にしていた携帯電話を叩き落とした件でイングランサッカー協会より、2試合の出場停止処分が言い渡されていた。そしてその後に物議を醸したインタビューでクラブへの批判を展開した後にマンチェスター・ユナイテッドとの契約を解消。また移籍したアル・ナスルでは外国人枠を超える9名が在籍していることからまだ出場資格を得られておらず、今のところはまだこの2試合分がいつ消化されるかは不明。なおサウジのメディアではウズベキスタン人のジャロリディン・マシャリポフの退団が指摘されているところ。

International Internationalの最新ニュース