2023/01/15

マンUがウェクホルスト獲得も、ファン・デ・ベークは残り全休

©️IMAGO/Seskim Photo

 今冬にすったもんだの末にクリスチアーノ・ロナウドが退団していたマンチェスター・ユナイテッドは、バーンリーFCよりワウト・ウェクホルストを獲得したことを発表した。先日カタールにて開催されたワールドカップ準々決勝、アルゼンチン代表戦ではセットプレーから見事なゴールを決め俄然注目を高めていた30歳のストライカーは、2025年まで契約を残すバーンリーが2部降格を喫したため昨夏よりトルコ1部ベシクタシュへとレンタル移籍。そこで16試合中8得点4アシストをマークしていたこともあって、契約解除にはおよそ300万ユーロの和解金が支払われたという。

 かつてプレミアでのプレーを夢見てVfLヴォルフスブルクからバーンリーに移籍したウェクホルストにとっては、そこで記録した20試合での2得点3アシストという結果よりも、はるかに高い成績を是が非でも残したいところであり、またそれ次第ではマンチェスター・ユナイテッド側もバーンリーと更なる交渉に向けて席に着く用意もあるだろう。これまでFCエメン、ヘラクレス・アルメロ、アルクマールでプレーしてきたオランダ代表にとっては、30歳になってつかんだ同胞の指揮官の下で英国名門クラブでのキャリア最大のチャンスだ。

ファン・デ・ベーク、膝負傷で残り全休

 実際にマンチェスター・ユナイテッドでは同じオランダ人のドニー・ファン・デ・ベークが、テン・ハフ監督就任が契機となってマンチェスター・ユナイテッドで輝きを取り戻しているところ。ただそのウェクホルスト獲得の朗報が届く前に、ボーンマスとのホーム戦にて膝を負傷した25歳は、その後の診断の結果で今季残りを全休することが明らかに「準備期間までには戻ってこれるだろう。長い目でみれば、決して悪いものではない」と、指揮官は前をむいた。
 

International Internationalの最新ニュース