2023/01/15

FIFA、エミリアーノ・マルティネスらの愚行の処分手続き開始

©️IMAGO/Shutterstock

 先日カタールで開催されたワールドカップにおいて、アルゼンチン代表の守護神として優勝を支える活躍をみせた、エミリアーノ・マルティネスは大会最優秀GK賞のトロフィーを股間の前でもち、観客にむけて何かを叫んだことが物議を醸してその後に釈明。だがその余波は現在も続いており、FIFAは同選手に対して懲戒手続きを開始したことを発表した。しかも今回はマルティネスのその愚行のみならず、祝賀会の間でフランス代表キリアン・エムバペを何度もなじったことも含まれているという。

 「侮辱的な行動とフェアプレー精神への違反」「選手と役員による不正」が理由であるとFIFAは説明。ちなみにすでにFIFAからはセルビア代表が、スイス戦にて敗戦を喫した際に、ファンやチームによる不祥事に対して5万700ユーロ弱の罰金を請求。そこではセルビア人サポーターが差別的なチャントを歌っており、またピッチでは7選手が警告を受ける結果に。そのためセルビア代表の次のホーム戦は部分的無観客で開催される可能性もある。

International Internationalの最新ニュース