2023/01/19

ニューカッスル、カリウスと今季いっぱいまで契約

©️Getty Images

 昨年9月にニューカッスル・ユナイテッドと今シーズンいっぱいまで契約を締結した、ロリス・カリウス。だが今月末日までに両者に対して契約解除が可能となるオプションも付随していたのだが、ここまで29歳のドイツ人GKが好印象を残していることから少なくとも、契約通りに夏まではチームに留まることが明らかとなった。もしかするとさらに長期的にも所属できるかもしれない。

 かつて1.FSVマインツ05にてプロへの階段を上り、2016年から2022年まではリヴァプールFCに在籍していた同選手は、移籍当初は順調に推移していき、2018年のチャンピオンズリーグでは6試合で無失点を記録。しかし決勝にて致命的なミスをおかして信頼が失墜すると状況は一変し、ベシクタシュやウニオン・ベルリンなどレンタル移籍を繰り返した挙句に、再び戻ってきたころには5番手GKにまで落ち込んでいた。

 だがニューカッスルではエディ・ハウ監督よりニック・ポープのバックアッパーとして、いまだ出場機会はないが評価を受けているところ。12月に行われたアル・ヒラルとのテストマッチで初めて45分間プレーした際には、無失点で守りきりそこでのパフォーマンスに「よくやってくれたね。彼はここにきてから着実に改善していっているベテランGKだよ」と指揮官。ロッカールームでも「ポジティブな影響力をもっている」というが、ただマルティン・ドゥブラフカが第2GKとして復帰しており、次の出場機会は当分お預けということにはなるだろう。

International Internationalの最新ニュース