2022/01/12

ケルン、ホルンが病気のため再び離脱


ティモ・ホルンはまだこれからしばらくの間、離脱を余儀なくされることだろう。長きに渡り守護神として1.FCケルンに君臨してきた同選手だが、仮に復帰するにしてもバックアップという可能性もある。
 ホルンの膝の負傷で離脱が続いたこと、そしてその代役を務めたマルヴィン・シュヴェーべが好パフォーマンスを受けたこともあり、先週末のブンデスリーガ後半戦初戦では、引き続きシュヴェーべが先発、ホルンはベンチに座っていた。
 そして来週火曜に控えるドイツ杯にて、ホルンは出場予定となっていたものの、現在は病気のために再び練習不参加。まだ復帰時期など、詳しい情報は明かされておらず、この流れからいきなりハンブルク戦で起用するリスクをとるか、判断を迫られることになるはずだ。
 
 またホルヘ・メレについても同様に、病気のために週末から戦列離脱が続いているところであり、ケルンでは今冬にラファル・チホスが退団。CB陣では層の薄さが生まれているが、ただ首脳陣はこれ以上の補強は特に考えにはない。
 つまりは既存のルカ・キリアンとティモ・ヒューバース、そして今回のようにホルヘ・メレのいずれかがプレーできない場合は、サイドバックのエヒジブエやシュミッツの起用を検討中だ。 
 

1. FCケルン 1. FCケルンの最新ニュース