2022/09/15

ニースvsケルンでの暴動により、1人のフランス人男性が裁判へ

©️picture alliance/dpa

 1.FCケルンvsOGCニース戦の試合前に発生した暴動を受けて、今週木曜日よりあるファンが裁判を受けることが明らかとなった。警察によればこのフランス人はスタジアムのスタンドから落下して負傷を負っており、今回は暴力行為、火器類の使用、危険物の投棄などの罪に問われているという。

 そのためパリ近郊に住むこの男性には最高で禁錮3年、罰金4万5000ユーロが命じられる可能性があるのだが、ただ取調べの中で被告は自身の行動についても、ヨーロッパカンファレンスリーグのこの試合に足を運んだ理由についても口を閉ざしているとのこと。

 試合開始前に発生したこの暴動により、警察官2名と職員1名を含む、32名が負傷をおっており、地元当局は既に捜査を開始することを発表。そしてパリ・サンジェルマンのサポーターもこの騒動に関与していると言われ、パリ・サンジェルマン側は改めてこの件についての非難を発表している。

1. FCケルン 1. FCケルンの最新ニュース