2022/7/27

ライプツィヒがヴェルナー復帰模索も、トゥヘル監督が「待った」


 先日には「僕はどこでもハッピーになれると思う」と移籍の噂を煽るような発言で注目を集めた、ティモ・ヴェルナー。その噂の中にはRBライプツィヒへの復帰も含まれていたが、kickerが得た情報によると確かに他クラブと同様に手は打ったようだが、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督本人が待ったをかけた模様。
 一方で2016年から2020年までライプツィヒでプレーして95得点をマークしてきたドイツ代表が、スタンフォード・ブリッジに戦いの場を移して以降、決してうまく事が運んでいるとは言い難い。むしろ両者の関係には溝が生じていると見られており、実際に前述の発言は明らかに不可解な反応だった。
 
 とりわけ今冬にワールドカップが控える中、プレミア56試合で10得点にとどまっているヴェルナーとしては、今夏にラヒーム・スターリングが加入したこともあって、十分なプレータイムの確保という点で不安を感じているようで、トゥヘル監督はさらなる戦力補強を訴えているところ。実際に同様の状況にあったロメル・ルカクは、すでにインテルにレンタル移籍している。
ライプツィヒ、若手MFとFWが移籍
 その一方でRBライプツィヒは、ファブリス・ハルトマンを再びレンタルすることを明らかにした。今回はアイルランド1部スライゴ・ローヴァーズFCであり、1年間の期限付き。この半年はアイントラハト・ブラウンシュヴァイクにレンタル移籍していた21歳は、まだ果たせていないプロ初得点を今度こそアイルランドで決めたいところ。
 さらに17歳の若手ストライカー、ゴジェス・イェボアがライプツィヒのユースチームから、ブンデス4部相当のトイトニア・オッテンセンに移籍することとなった。ハノーファー出身で両サイドでプレー可能な同選手について「まだAユースの若手選手でハノーファーとライプツィヒでトップレベルの育成を受けた。テスト参加では説得力がありトップチームで力を発揮したいと意気込んでいる。そのポテンシャルを発揮させたい」とベルグナー監督は期待をよせた。
 
 

RBライプツィヒ の最新ニュース