2022/08/22

ハルステンベルク、テデスコ監督の進退めぐる一部報道に「不条理」

©︎IMAGO:Eibner

 日曜日に行われたRBライプツィヒのファンイベントでは、およそ200名のファンたちとドメニコ・テデスコ監督、そして選手たちによる交流がおこなわれたのだが、しかしながら前日のウニオン戦での悔しい敗戦と、クラブ史上最悪の開幕のつまづきを、いまだ消化しきれていないことはその表情からも明らかであった。

 開始早々に相手選手トリメルとのプレーでPKを取り損ねる結果となってしまったティモ・ヴェルナーは、「これから大変な時期に入るとは口にしたくはないね」と緊張感をもった発言をしており、「ただ僕たちとしてははやく勝利をおさめなくてはいけない。そうじゃなくては本当に暗雲が立ち込めてしまうよ」とコメント。

 一方でマルセル・ハルステンベルクは、すでに一部メディアにてテデスコ監督の進退問題が問われていることに「もちろん、それは不条理だよね」と一蹴した。「昨年はドイツ杯で優勝を果たして、あれほどの大騒ぎになったというのにね。サッカーとはまさにそういうもので、全てのことは一気に展開してしまうものだよ」

 なおそのウニオン戦のハーフタイムにて、内転筋の違和感により交代を余儀なくされていたヨシュコ・バルディオルについては、精密検査の結果で組織的な損傷は確認されておらず、硬化がみられるだけとのこと。そのため土曜日に控えるVfLヴォルフスブルク戦(日本時間22時半〜、スカパー!で放送)は出場の見込みだ。

RBライプツィヒ RBライプツィヒの最新ニュース