2022/09/04

フランクフルトvsライプツィヒ、ローデとオルモが前半に負傷交代

©️imago images

 土曜夜に開催された今節のハイライト、チャンピオンズリーグ参加同士のアイントラハト・フランクフルトvsRBライプツィヒとのトップマッチでは、序盤からフランクフルトが優勢に試合を進め、主将セバスチャン・ローデが2−0とするシュートを決める活躍を披露。

 大一番で主将がホームの大観衆を熱狂させたものの、だがその10分後の前半32分には右後部の大腿を何度も手で押さえ、足を引きずりながらピッチを後にすることを余儀なくされた。そのため3日後に控えるスポルティングとのCL初戦では、ローデは欠場する可能性もあるだろう。

 ただその相手のRBライプツィヒ側でも前半11分に、ダニ・オルモが相手MFジブリル・ソウとの対人戦で負傷。クラブ側の医療スタッフは初期診断では、靭帯損傷の可能性も示唆しているが、果たして負傷の度合いはどれほどのものか。なおライプツィヒ側はフランクフルトよりも1日早い、火曜夜にシャフタール・ドネツクとのCL初戦を、フランクフルトと同様にホーム戦で迎えるところだ。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース